借金 払えない どうなる

借金を払えなくなる状況とは

収入減で払えない

何の問題もなく何年も借金の返済を続けていた人でも、突然返済が難しくなることがあります。

 

誰にでもあり得て一番多い理由は、返済している人が病気や怪我により働けなくなったり治療費がかかりすぎたりする場合。

 

こうなると収入は一時的であっても減りますし、治療費を払えないと病気や怪我を治すことができないため借金返済がとても難しくなります。

 

その他、借金を払えない状態になってしまう原因は、リストラや家族の病気や介護など、借金を開始した時には想像していなかった不測の事態が生じる時です。

 

 

こんな場合に債権者が返済を待ってくれたらいいのですが、実際には借金返済は待ったなしのことが圧倒的に多いでしょう。

 

たとえ収入が0になっても返済を続けなくてはいけません。次第に生活費も不足し、借金返済のために新たに借金を重ねる多重債務に陥り、場合によっては闇金のようなところで借りてしまうことまであるかもしれないのです。

払えない場合どうなるのか

支払い、返済、どうしたら良い

 

借金が払えない場合はどうなってしまうのでしょうか。借金を払えなくなり滞納をしてしまうとどうなるか簡単に説明していきます。

 

まず、債権者から何度も電話がかかってきたり何通も督促状が届いたりします。たとえ病気や怪我が理由で借金を払えないのだとしても、通常の滞納と同じ扱いになることがほとんどでしょう。

 

こうした督促が続いても返済できなかったり、どうしようもできず放置していると、債権者から内容証明で一括請求されたり、裁判手続きをされます。

 

裁判手続きは、訴訟提起や支払督促をされることも。裁判手続きまで発展してしまうと、最終的には財産を差し押さえられてしまいます。財産とは、住宅や車、預貯金や給料などです。

 

 

ここまでくると病気や怪我の治療に専念できないどころか生活自体が破綻してしましますよね。

 

自宅が差し押さえされれば、自宅は競売にかけられ購入者が決まると出ていかなくてなりませんし、給与が差し押さえられれば職場に居りづらくなる人もいるでしょう。

 

こうなる前に早めに解決する方法を検討する必要がでてきます。

借金滞納の解決に向けて

借金の実態を相談してみた

 

借金の返済が難しくなった場合は早急に対処をしないといけません。借金を滞納したまま放置していても何もいいことは無いどころか、どんどん状況は悪化します。

 

そうなる前に、まずは早めに専門家に相談することがいいでしょう。借金問題の専門家は、弁護士や司法書士なのですが、いきなり弁護士事務所や司法書士事務所に行くのはハードルが高いと感じる方がほとんどだと思います。

 

そこでお勧めなのが、無料の法律相談です。無料の法律相談では弁護士や司法書士が対応してくれるので安心ですし、専門家ですので的確なアドバイスしてくれます。

 

無料の法律相談に相談したからといって必ず債務整理を依頼しないといけないということはないので気軽に相談できる点もいいところです。

 

もし、そのまま依頼することになった場合も、弁護士費用や司法書士費用についても相談に乗ってくれますので安心できます。

 

現在の借金の状況や収入の額、今後の返済能力など総合的にみて、あなたに合った解決方法を導き出してくれるでしょう。

債務整理するとどうなる

借金解決の方向性を示してくれる

 

債務整理とは文字通り債務を整理することですが、その方法にはいくつか種類があります。それぞれの債務整理の方法を選んだ場合どうなるか簡単に説明していきます。

 

まず一つ目は「任意整理」です。こちらは、弁護士や司法書士が裁判所を通さずに直接債権者と交渉してくれます。

 

債権額の減額や分割弁済について交渉してくれますし、過払い金がある場合もあるので、その場合は過払い金返還請求もしてくれるでしょう。

 

過払い金が還ってくれば、全体の債権額が大幅に減ることも。無事、債権者と交渉が成立すれば、無理なく返済できる毎月の返済額や期間を決め返済していきます。

 

 

二つ目は「個人再生」です。個人再生は裁判所に申立てをします。

 

弁護士や司法書士が書類の作成もしてくれるので手続きの大半はお任せするかたちです。

 

個人再生は、裁判所がそのもうしたてを認めてくれると借金の総額を大幅に減額し、分割弁済をしていくことになります。

 

自分名義の住宅がある方などは、一定の条件を満たせば住宅を手放さずに手続きすることが可能です。

 

 

三つ目は「自己破産」です。自己破産も個人再生と同様に裁判所に申立てをします。

 

弁護士や司法書士が書類の作成もしてくれるので手続きの大半はお任せするかたちです。自己破産をすると借金はすべてなくなります。しかし、高額な財産がある方は処分しなくてはいけません。

 

いずれの手続きの場合も税金の支払いだけは減額や免除をされることはありませんので、税金の滞納がある方はご注意ください。

 

 

債務整理を弁護士や司法書士に依頼すると、弁護士や司法書士は債権者に対し受任通知を発送します。

 

この受任通知が債権者に届くと、債権者はあなたに対し、直接取り立てや督促ができなくなるので、この時点で多くの方が精神的に救われ、今後の手続きにも前向きな気持ちになれるでしょう。借金の問題はなかなか周りには相談しづらいと思います。

 

一人で抱え込んでしまい、悩んでいる方はたくさんいることでしょう。そんな中、少しの勇気をだして法律家へ相談し債務整理をすることで、多くの人が再出発しています。

 

まずは、気軽に相談できる無料の法律相談をしてみてはいかがでしょうか。きっと、あなたにあった解決方法がみつかるはずです。

 

 

名前を記入する必要がない簡単無料メール相談

匿名・無料で手軽にできるメール法律相談はこちらの街角相談所。24時間いつでも受け付けていて現状を伝えれば自分に最適な解決法をアドバイスしてもらえます。


本名ではなくニックネームでも良いので仮名と都道府県名を入力すれば借金問題を解決してくれる最適な法律事務所を全国から探してもらえます。


借金を減らす手続きをしてくれる法律事務所や司法書士事務所を比較することもできるのです。


紹介された事務所へ実際に債務整理を任せるかどうかは、話をしてあなたの疑問を解決してからにするのがベスト。納得いかないままで依頼する必要はありません。


●匿名、無料、簡単にその場でわかる ……… 街角相談所-法律-のメール診断

 

ヤミ金の被害にあっている方へ

家族や職場に取り立てをすると脅されたり、返済したはずが入金してないと難癖をつけられたりした。携帯でやり取りするだけで店舗も顔もわからない。そういう業者はきっと闇金融です。


一般的な法律事務所、司法書士事務所ではヤミ金被害に対応していない事務所がほとんどです。多くの弁護士事務所などでは借金問題の中でも闇金融に対しては敬遠し積極的に取り組んでいる弁護士は多くありません。


なぜかといえば非合法の貸金業をしている相手ですから一筋縄では行かない曲者だからです。ヤミ金業者と対決するには専門のノウハウと違法業者に負けない胆力、熱意が必要です。


そんな弁護士はたくさんはいませんし、闇金に積極的に取り組んでいる業者は経験、実績豊富な弁護士ばかりです。


ヤミ金などの被害にあわれてお困りの方は、以下のヤミ金被害救済を行っている実績豊富な事務所に依頼されるのがおすすめです。もちろんメールの無料相談ができますから、現状を伝えてみてください。


●ヤミ金相談実績ならトップクラスで全国対応 ……… Duel法律事務所ヤミ金メール相談

債務整理とはどういうこと

 

債務整理とは具体的に知りたい

 

債務整理という手続きは国が法的に認めている借金問題の解決策といえます。

 

債務整理をしている人は決して少なくありません。というか、実はとてもたくさんの人たちが債務整理をしていて、一説には日本国内で1年間に100万人を超える人が債務整理をしていると言われます。

 

そのほとんどの人たちはサラ金や銀行などいろいろな金融機関からお金を借りて行き詰まってしまった、いわゆる多重債務の状態になってしまった人たちです。

 

債務整理の中でも手続き数が一番多い「任意整理」ですが、公的機関で集計されていないためにあくまで推定ですが、100万人以上、任意整理の手続きをしているのではないかと見られています。

 

やはり債務整理による借金問題の解決を選ぶ人は多く、現在一部では社会問題化していますが、大手法律事務所によるテレビCMなど各種メディアで債務整理、過払い金など法律事務所、司法書士事務所の広告を目にしないことはありません。

 

一部の大手法律事務所では事実と異なる謳い文句で集客し、問題となった例もありますが、裏を返せばそれだけ債務整理を考えている人、債務整理で借金の悩みを解決したい人が多いことが現実としてあるということです。

 

債務整理といっても方法はいろいろ

 

債務整理で多重債務の状態を解決したい、と考えた時には借金の残高、収入、生活状況など現在の状況に応じて債務整理の「種類」を選択します。

 

そう、債務整理といっても方法はひとつではありません。自己破産など聞いたことがあると思いますが、ほかに任意整理、個人再生、特定調停と大まかに4種の債務整理方法があり、あなたの現状と希望に応じて最適な方法を選ぶわけです。

 

まず、あなたが現在利用している金融機関全部の借金残高はいくらになるのかが重要です。

 

もういっぱいありすぎて放置していたので正確にはわからない…、という状況でも大丈夫です。使っていたカードが手元にあるとか、金融機関名を覚えているくらいでも利用期間、利用金額は調べられます。

 

その次に、あなたの収入から生活費など、どうしても削れない必要なお金を差し引き、毎月いくらなら返済を継続していけるのか考えます。

 

返済を続けていくためには、今後も継続、安定して今くらいの収入があることが必要になります。

 

さらに、お金を借りている業者名、業者の数、借りたお金を何に使ったのか。返済できなくてもそのかわりに換金できるような財産を持っているのか。その、財産は売却したり換金できるものなのか…。

 

以上のような色々な状況、条件を考えながらあなたにとって最適な債務整理の方法を決めていきます。

 

債務整理の種類についておおまかに下記にまとめてみました。

 

債務整理にはどんな種類があるのか

 

自分が目指すべき方向は

 

無計画な借金と散財だけでなく、様々な理由で借金返済を続けていくことが困難になるのは実は良くあること。いままでのように借金返済を続けていくことができなくなってしまった時に選択できる現実的な借金問題解決法が債務整理です。

 

借金で困っているあなたを助けてくれる親御さんとか知人が居ないのであれば、そして借金を返せなくなり経済的に行き詰まっているのなら、できるだけ早く問題解決に動くべきです。

 

借金の滞納など放置しておくことは、時間が経つにつれて事態をさらに悪化させていくばかりで好転していくことは絶対にありえないことだからです。

 

任意整理

方法は残っている借金を減額してもらい残りを改めて分割し返済してくものです。減額の方法は将来の利息カットとすでに返済した分の過払い金返還請求、さらに元本のカットも目指していきます。

 

条件は残りの借金を返済していけることで、概ね3〜5年で完済できることが必要になりますから、当然安定した収入があることが前提条件となります。

 

特定調停

任意整理同様に借金の減額を目指して裁判所に仲介してもらい、自らの手で交渉する方法です。弁護士、司法書士などの代理人に依頼せず、裁判所を介して調停委員の仲介により貸金業者と話し合います。

 

自分自身が行う債務整理であり、手続きは全て自分で行うことになります。過払い金返還請求はこれとは別に手続きをする必要があります。

 

個人再生

これも任意整理と同じく目指すところは借金の減額なのですが、貸金業者と直接ではなく裁判所に申し立てをして借金減額をしていきます。特徴としては一部の財産を手放さずに借金だけを整理できる点です。

 

現在の借金を5分の1にすることが可能。残った借金を概ね5年以内で完済していきますから、返済を続けられる安定した収入があることが必須です。

 

自己破産

自己破産は借金を全部無くしてゼロにできる債務整理です。もう借金を返せないと裁判所に申し立て、それが認められれば免責、つまり現在の借金を返さずに済みます。ただし、それなりのデメリットもあります。

 

所有する土地、自動車などの高額な財産は手放すことになり、さらに、破産申し立てから免責決定までの間、職種によっては就業できないものがあります。

 

過払い金返還請求

債務整理をする前には、過払い金が発生していないか確認をします。自己破産の手続きであっても過払い金があれば返還を受けてから改めて自己破産手続きを開始します。その他の債務整理であっても同様ですが、過払い金返還請求そのものは債務整理ではありません。

 

債務整理とセットになっているものですが、もちろん過払い金返還請求だけを行うことも可能です。金融機関と交渉して返還を請求するのですが、経営状況の良くない金融業者であれば全額返金は困難な場合もあります。

 

名前を記入する必要がない簡単無料メール相談

匿名・無料で手軽にできるメール法律相談はこちらの街角相談所。24時間いつでも受け付けていて現状を伝えれば自分に最適な解決法をアドバイスしてもらえます。


本名ではなくニックネームでも良いので仮名と都道府県名を入力すれば借金問題を解決してくれる最適な法律事務所を全国から探してもらえます。


借金を減らす手続きをしてくれる法律事務所や司法書士事務所を比較することもできるのです。


紹介された事務所へ実際に債務整理を任せるかどうかは、話をしてあなたの疑問を解決してからにするのがベスト。納得いかないままで依頼する必要はありません。


●匿名、無料、簡単にその場でわかる ……… 街角相談所-法律-のメール診断

 

ヤミ金の被害にあっている方へ

家族や職場に取り立てをすると脅されたり、返済したはずが入金してないと難癖をつけられたりした。携帯でやり取りするだけで店舗も顔もわからない。そういう業者はきっと闇金融です。


一般的な法律事務所、司法書士事務所ではヤミ金被害に対応していない事務所がほとんどです。多くの弁護士事務所などでは借金問題の中でも闇金融に対しては敬遠し積極的に取り組んでいる弁護士は多くありません。


なぜかといえば非合法の貸金業をしている相手ですから一筋縄では行かない曲者だからです。ヤミ金業者と対決するには専門のノウハウと違法業者に負けない胆力、熱意が必要です。


そんな弁護士はたくさんはいませんし、闇金に積極的に取り組んでいる業者は経験、実績豊富な弁護士ばかりです。


ヤミ金などの被害にあわれてお困りの方は、以下のヤミ金被害救済を行っている実績豊富な事務所に依頼されるのがおすすめです。もちろんメールの無料相談ができますから、現状を伝えてみてください。


●ヤミ金相談実績ならトップクラスで全国対応 ……… Duel法律事務所ヤミ金メール相談